共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

ボランティア ききみみずきん

  1. ホーム
  2. > ボランティア ききみみずきん

ボランティア ききみみずきんについて

みなさん、「ききみみずきん」という言葉を聞いたことがありますか。これは、昔話の『ききみみずきん』というお話に由来しています。ずきんをかぶると動物や植物の声を聞くことができ、その不思議なずきんをかぶった藤六(主人公)が村人のくらしを豊かにするというお話です。

私たちは、森の声に耳を傾け、自然の不思議さやおもしろさをたくさんの人に伝えて、興味や関心を持ってもらうために活動しているボランティアグループです。

主に、お客さんを案内するミニガイドをはじめ、危険箇所の早期発見や来園者への声かけを行う園内パトロールなどを行っています。

自然を大切にしたい人の輪、自然を大切にすることを伝える人の輪が広がってゆけば、自然は守られてゆくと思います。

ようこそ ききみみずきんへ(PDF形式、1.07MB)

あなたも「ききみみずきん」に入って一緒に活動しませんか?

ネイチャーセンターに事務局を置いています。活動に興味のある方はお気軽におたずねください。

活動の様子を知るには、まず月1回または2回のペースで開催する主催イベントの「ミニガイド」に参加してみてください。

また、ネイチャーセンターのロビーに“ききみみずきん”のコーナーがあります。

今後の予定や活動の様子を紹介していますのでぜひご覧ください。なお、活動報告は、当ホームページにも掲載しています。

ツリーウォッチングマップ

姫路市自然観察の森内の「チョウの庭周辺」「芝生広場」「水飲み広場」「駐車場周辺」の各場所ごとに樹木巡りができるようにツリーウォッチングマップがあります。

ネイチャーセンターのロビーにある“ききみみずきん”のコーナーにもプリントを置いていますのでぜひご活用ください。

ツリーウォッチングマップ(PDF形式、1.14MB)

15周年記念誌を発行しました!

ききみみずきんが設立15週年を迎えたのを機に記念誌を製作、2011年に発行しました。内容はこれまでの活動記録が主で、プログラム集としても使えるような体裁になっています。

広く一般の方々にも活動を知ってもらおうと、この記念誌を再構成したものをPDFにて掲載しています。興味のある方はぜひご覧ください。

15周年記念誌「ボランティアグループ ききみみずきん ~15年をふりかえって~」(PDF形式、2.26MB)

ボランティア ききみみずきん 活動報告一覧

クリスマスのリースをつくろう 活動報告 2022年11月27日(日曜日)

クリスマスのリースを作っている写真 もうすぐ12月。準備も楽しいのがクリスマスですね。
クリスマスリースには、新年の幸福祈願、豊作祈願、魔除けの意味があるそうです。
今年のクリスマスは、手作りのクリスマスリースに挑戦しましょう。
まずは、みんなでドングリや松ぼっくりを拾いに行きます。
アケビなどのつる植物で編んだリースに、針葉樹の葉や木の実を使って思い思いに装飾。
みんな個性豊かでステキなリースが出来上がりました。
最後にオカリナ演奏に合わせてクリスマスソングを歌い、すっかりクリスマス気分です。
さあ、おうちに手作りリースを飾って、あとはサンタさんを待つばかり。
今年は、特別楽しいクリスマスになりそうですね。

クリスマスのリースをつくろう 内容説明(PDF形式、78KB)

自然の中であそび隊 活動報告 2022年11月23日(水曜日)

ロビー展示の中から自然の作る形を探している写真 しっかりと雨が降り、みんな来てくれるかなと心配しましたが、雨にも負けない元気なご家族がたくさん遊びにきてくれました。
室内でも自然を感じながら遊べるように、たくさんの遊びを用意していましたよ。
生き物の足の数のグループを作ったり、50音カードで言葉あつめをして、みんな笑顔いっぱい。
生き物クイズにいろいろな形さがしまで、ロビーの展示の中にも自然が作るたくさんの形があったね。
クモの絵本を読んだあとは、クモの巣に引っかからないように紐と紐の間をくぐり抜ける体験ゲームで大盛り上がり。何度も何度もくぐって遊んだよ。
また、ドングリのお話を聞いたあとには、ドングリをかくす動物になりきってチーム対抗戦のゲームをしました。森の生き物たちって、食べるために一生懸命考えていてすごいですね。

自然の中であそび隊 内容説明(PDF形式、83KB)

11月ぶらりウォーキング 活動報告 2022年11月17日(木曜日)

葉っぱソムリエ体験をしている写真 実りの森や紅葉を楽しみながら、心と体の健康づくり仲間づくりをしましょう。
最初に森の持つ文化的な機能や、木材や食料としての恩恵についてお話を聞きました。
秋の心地良い森をゆっくり歩いていると、枯れたコナラの木や美しく紅葉する木が目に留まります。
なぜ枯れるのか、なぜ紅葉するのか、そんなガイドの話も交えながらの散策は、一人で歩くのとは違い発見も気付きも多く楽しさも倍増。
今回は、葉っぱソムリエと題して、色々な葉っぱの匂いを嗅いで何の葉か当ててもらいました。
また、ドングリを食べる生き物を紹介した後には、みんなでドングリコーヒーの試飲もしました。
参加者からは、飲みやすい美味しいといった感想が聞こえてきましたよ。
柿渋の作り方の説明もあり、身近な自然の恵みに気づかされた時間でもありました。



11月ぶらりウォーキング 内容説明(PDF形式、100KB)

11月の森のフシギさがし 活動報告 2022年11月13日(日曜日)

葉っぱ探しをしている写真 あいにくのお天気となりましたが、屋内でも色んな事ができました。
床に敷かれたシートには色んな植物がたくさん。
ワクワクしながら虫メガネやルーペを使って観察します。
種の固さや数、形や匂いから何がわかるかな。
クイズを交えながら、フシギだな、どうしてかなと考えます。
葉っぱをよく観察しながら、ワークシートに葉っぱの絵を描いたよ。
そして、色んな葉っぱの描かれたワークシートをラミネートしたら、素敵な作品の出来上がり。
途中、親子で手をつなぎ、わらべ歌を歌いながら遊びました。
雨の中来てくれた皆さん、ありがとう。楽しかったね。

11月の森のフシギさがし 内容説明(PDF形式、96KB)

11月絵本をよんで親子であそぼ 活動報告 2022年11月6日(日曜日)

森のベンチで絵本を読んでいる写真 森で絵本をよんで親子であそびましょう。
秋晴れの森の中、7種類のドングリ探しに出発進行。
よく見ると、どんぐりって種類によって大きさも形も全然違うんですね。
森の木陰のベンチに座って、家族みんなでドングリごまを作ります。
色を塗ったり、どんぐりに顔を描いて、くるくる回して遊びましょう。
森の中で絵本を2冊、オカリナ演奏に合わせて秋の歌も歌いました。
来月はどんな絵本と遊びが待っているかな。


11月絵本をよんで親子であそぼ 内容説明(PDF形式、91KB)

11月バードウォッチング入門 活動報告 2022年11月5日(土曜日)

テラスで双眼鏡の使い方を練習している写真 朝夕肌寒くなり、冬鳥や水鳥の姿に季節の移り変わりを感じます。
バードウォッチング入門には、野鳥観察初めてのお子様連れのご家族や最近始めたばかりの大人の方まで色々な方が参加されています。
出発前には、野鳥観察のマナーを確認し、双眼鏡や図鑑の使い方を練習してからスタートします。
さあ、どんな鳥に出会えるでしょうか。
笹薮の中や梢の先など、鳥によって好む場所が違う事もわかりますね。
この日のハイライトは、ジョウビタキのオス、イカル、3羽のリュウキュウサンショウクイの出現。
ヤマガラやシジュウカラやコゲラなど、合計12種類を観察することができ、みんな大喜びでした。

11月バードウォッチング入門 内容説明(PDF形式、105KB)

森をまるごと楽しもう 活動報告 2022年11月3日(木曜日)

ガイドから樹木の説明を聞いている写真 森の恵みを体いっぱいに感じながら、森歩きを楽しみましょう。
自然観察の森は少し紅葉し始め、あちらこちらに木の実がなり、小鳥たちが飛び交う秋晴れの一日となりました。
散策の途中に足を止めて樹木や木の実の観察をし、ガイドの説明に耳を傾けます。
季節外れにツツジが咲いている理由や木の健康診断方法に和ハーブまで、話題は多岐にわたりました。
休憩をかねて呼吸法の練習をしたり、大きな木の下で詩の朗読やオカリナ演奏も楽しみました。
秋満喫の一日、皆さん森をまるごと楽しんでいただけたのではないでしょうか。
貯水池に渡って来ているカモ達も気持ち良さそうでしたよ。

森をまるごと楽しもう 内容説明(PDF形式、105KB)

10月ぶらりウォーキング 活動報告 2022年10月20日(木曜日)

冬鳥の説明を聞いている様子の写真 移り行く季節を楽しみながら、森をぶらりとウォーキング。
いつの間にか夏から秋に移り変わった森の様子を、みんなでゆったりと観察します。
野鳥に水鳥、昆虫にきのこ、湿原の花に色づいた木の実など、森は見どころ満載です。
散策の途中、ガイドから色々な説明を聞くことができるのが、このイベントの嬉しい所。
知らないと通り過ぎてしまうような、自然のひとコマに注目します。
先人が考え出した自然の利用方法や、動植物の生存戦略。
参加者からは何度も、へーっという声が聞こえてきます。
知らないことを知るのは楽しいですね。
来月はきっと赤や黄色に色づいた森が待っていますよ。乞うご期待。

10月ぶらりウォーキング 内容説明(PDF形式、94KB)

森のめぐみでアート 活動報告 2022年10月15日(土曜日)

自分の作った作品と一緒に記念撮影をする参加者たちの写真 森は秋の実りでいっぱいです。
お天気に恵まれたので、みんなで木の実を拾いに行きました。
お部屋に戻り、まずは共通工作のモニュメント作り。
竹の輪っかにどんぐりで作った小鳥を取り付けます。
あとは、それぞれ想像力を膨らませてモニュメントの周りを飾り付け。
同じような材料を使っても、それぞれ個性が光ります。
こんな森や公園があったら楽しいね。
森の恵みを使ってステキな作品ができました。

森のめぐみでアート 内容説明(PDF形式、100KB)

10月森のフシギさがし 活動報告 2022年10月9日(日曜日)

虫メガネで観察している写真 森は実りの秋を迎えています。
秋の森には、どんなフシギが待っているかな。
虫メガネの使い方と観察方法を聞いたら、探検の始まりです。
最初は、虫メガネでアンモナイトに似た種を観察しました。さて、何の種かな。
森には、色々な種類の木があって、葉っぱの形も幹の模様も違います。
たくさんなっている赤や黒の木の実は誰が食べるのかな。食べるとどうなるのかな。
磨くと10円玉がピカピカになる魔法の葉っぱ、キツツキが開けた穴、いろんな発見がありました。
最後にドングリクイズをして、楽しい時間はあっという間に過ぎました。
森には、まだまだフシギがいっぱいです。

10月森のフシギさがし 内容説明(PDF形式、94KB)

10月バードウォッチング入門 活動報告 2022年10月1日(土曜日)

アケビをつつくメジロの写真 バードウォッチングの季節がやってきました。
バードウォッチング入門では、出発前に双眼鏡の使い方や図鑑の見方をしっかり練習します。
楽しく観察するために、バードウォッチングのマナーも学んで、いざ出発。
まずはセンターのテラスで双眼鏡をのぞいて実践です。
栗の実を見たり、ひょっこり出てきた鹿も観察しましたよ。
森では、松ぼっくりをつつくヤマガラやアケビの実をつつくメジロなど、秋の味覚を味わう鳥たちの日常を垣間見ることが出来ました。
枝から枝へ飛び交うエナガの群れやエゾビタキやコサメビタキなど、初めての方もゆっくり観察することができました。

10月バードウォッチング入門 内容説明(PDF形式、101KB)

9月ぶらりウォーキング 活動報告 2022年9月15日(木曜日)

参加者がガイドの説明を聞いている写真 お天気に恵まれ夏日となりましたが、木陰に入ると心地よく、少し秋めいてきた森の様子を楽しむことが出来ました。
まず最初に、この森が果たしている健康保安林としての役割について皆さんにご紹介し、途中休憩では呼吸法や転倒予防の体操なども行いました。
真夏には観察の難しかった小鳥たちも、あちこちで姿を見せてくれるようになっています。
湿原には、少なくなってきたサギソウに代わりアキノタムラソウやサワヒヨドリの花も咲いています。
自然観察を楽しみながら、秋の七草の覚え方から環境問題に至るまで、話題は盛りだくさん。
最後に、ネイチャーゲームを通して昆虫の擬態を体感しました。
来月のぶらりウォーキングでは、実りの秋を迎えた森をみんなでゆっくり散策しましょう。

9月ぶらりウォーキング 内容説明(PDF形式、109KB)

9月の森のフシギさがし 活動報告 2022年9月11日(日曜日)

芝生広場でフシギさがしをしている写真 森の中にはフシギがいっぱい。虫メガネを持って探検に出かけよう。
植物にもオスとメスがあるなんて知ってたかな。ゾウムシってどんな虫。
みんなでフシギだと思うものを探しましょう。
芝生広場では、ショウリョウバッタにクルマバッタ、オオカマキリにちいさなカナヘビまで、色んな生き物に出会いました。
クイズを楽しみながら森を散策し、たくさんのフシギを見つけたよ。
木も生きてるんだって。人間と同じだね。
最後に自分の見つけたスペシャルなフシギをみんなに発表したよ。
まだまだ森にはフシギがいっぱい。来月も楽しみだね。

9月の森のフシギさがし 内容説明(PDF形式、85KB)

9月絵本を読んで親子であそぼ 活動報告 2022年9月4日(日曜日)

生き物さがしをしている写真 森の自然と絵本の魅力で子どもたちの心豊かな成長を見守りたい。
絵本を読んで親子であそぼは、そんなイベントです。
まずは、芝生広場の木陰のベンチで手遊びや工作をして遊びます。
紙芝居や絵本を楽しんだ後は、オカリナ演奏に合わせて赤とんぼの歌を歌いましょう。
時折吹く風に乗って、オカリナとみんなの歌声が気持ちよく響き渡ります。
楽しかったのは、生き物探しをして木の模様そっくりのバッタを見つけた事。
紙を虫や鳥の形にチョキチョキ切って、色んな森の生き物が出来上がったのも楽しかったね。
来月は、どんな絵本や遊びが待っているかな。お楽しみに。

9月絵本を読んで親子であそぼ 内容説明(PDF形式、75KB)

8月の森のフシギさがし 活動報告 2022年8月14日(日曜日)

ホタル池でいきもの観察をしている様子 8月の暑い夏の森では、どんなフシギに出会えるかな。
まず最初に、森に落ちている虫や植物の不思議な落し物についてお話を聞きました。
ワークシートと虫メガネを使った観察方法を習い、出発進行。
涼しげな貯水池を眺めながら、ホタル池を目指します。
途中、セミの脱殻やアリ塚を探したり、色んな葉っぱのにおいを嗅いだり、木の実を拾ったり。
虫メガネ片手に、気分は探検家か名探偵。
ホタル池では、アメンボや連結したトンボにも出会いました。
休憩した湿原のあずま屋でクイズを解いたり、アカメガシワの葉っぱを使って草花遊び。
セミの鳴き声が響き渡る夏の森の傍らで、サギソウが涼を分けてくれました。

8月の森のフシギさがし 内容説明(PDF形式、103KB)

8月絵本を読んで親子であそぼ 活動報告 2022年8月7日(日曜日)

親子で工作をしている写真 8月の遊びはなにかな?まずは、室内で工作タイム。
小さな子ども達も嬉しそうにマジックやのりを使ってものづくりを楽しみます。
輪ゴムを使い、パッチンと飛び上がるビックリおもちゃの出来上がり。
パッチンと飛ぶたびに、子どもも大人も笑顔になります。
芝生広場では、虫の絵本を2冊とオカリナ演奏を楽しみました。
拾った落ち葉を持ち帰り、葉っぱの上に紙を敷いて鉛筆でこすりだし。
ふしぎふしぎ、葉っぱの姿が浮き上がって来たよ。
最後は、おはなし絵本で声を出して、みんなでお話をつくりました。
来月はどんな遊びと絵本が待っているかな。

8月絵本を読んで親子であそぼ 内容説明(PDF形式、90KB)

7月ぶらりウォーキング 活動報告 2022年7月21日(木曜日)

あずまやで深呼吸をしている写真 移り行く季節を楽しみながら、みんなでぶらりと森をウォーキング。
暑い日が続きますが、曇り空と森をぬける風に助けられ、気持ちの良い散策となりました。
2日前に降った雨のおかげで、森の至る所に赤や黄色、白に茶色の可愛いキノコの姿が。
この季節の定番になりつつあるエゴノキの実の実験は、今回も大変盛り上がりました。
途中のあずまやで目を閉じて耳を澄まして深呼吸。
鳥の声や蝉の声、どこからともなく香って来る甘い花の匂いに気づきます。
所々でガイドから樹木の話や森に棲む生き物の痕跡について、またキノコの生態についても説明があり、参加者も興味深く聞き入っておられました。
みんなで歩くと発見も多く、楽しいひと時となりました。

7月ぶらりウォーキング 内容説明(PDF形式、117KB)

7月の森のフシギさがし 活動報告 2022年7月10日(日曜日)

エゴノキの実の実験をしている写真 7月の森には、どんなフシギが待っているかな。
五感を使って自然観察をする方法を教わり、森へ出発。
樹皮でパズルをしたり、生き物クイズをしながら散策します。
よく見ると木によって樹皮の模様が違うこと、動物の名前が付いている木があることを知りました。
こんな所にキノコが、こんな所に大きなナナフシが、セミの脱殻があるなど、観察をしながら歩くと色々なことに気づきます。
エゴノキの実の実験は、子供も大人もびっくり仰天。楽しいひと時でした。
帰りには、宝物探しをしたり木漏れ日ジャンケンで盛り上がりました。
センターに帰って自分の宝物を発表し、みんな大満足。
子供たちの笑顔に暑さも疲れも吹っ飛びました。

7月の森のフシギさがし 内容説明(PDF形式、93KB)

7月絵本を読んで親子であそぼ 活動報告 2022年7月3日(日曜日)

七夕飾りを作っている写真 七夕の季節となりました。
まずはお寺のおしょうさんの手遊びで笑顔のスタート。
折り紙で七夕飾りを作り、短冊に願いを書いたら、オカリナ演奏をBGMに笹飾り。
センターのロビーがとても華やかになりました。
2冊の絵本の読み聞かせ、スライド絵本を楽しんだ後、ちょうどお天気も回復しお外での活動へ。
事前に用意した7種類の葉っぱと同じ葉っぱを広場で探します。
形はどうかな、手触りはどうかなと真剣です。
葉っぱの大きさや固さ比べもしましたよ。
最後は恒例オカリナ演奏に合わせて2曲の歌を歌いました。

7月絵本を読んで親子であそぼ(PDF形式、88KB)

梅雨時の生きものウォッチング 活動報告 2022年6月18日(土曜日)

トンボとヤゴのお話を聞いている写真 梅雨時の生きものを探しに行くよ。
まずは、お部屋でトンボとヤゴについてのお話を聞き、ヤゴの観察のポイントを確認します。
網を持ってホタル池に到着すると、目にとまったのはモリアオガエルの卵塊。
今年もここでたくさんのモリアオガエルが育っています。
網で池の生きものを探し、トレイに移して観察するよ。
カワニナ、マツモムシ、アメンボ、ヤゴなど、小さな池でたくさんの生きものが見つかりました。
オオシオカラトンボやイトトンボも池の周りを飛んでいます。
最後に手作り絵本モリアオガエルの一生を読みました。
観察した生きものは池に返し、これからも命の営みを見守りたいと思います。

梅雨時の生きものウォッチング 内容説明(PDF形式、76KB)

ページの先頭へ戻る