共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

ボランティア ききみみずきん

  1. ホーム
  2. > ボランティア ききみみずきん

ボランティア ききみみずきんについて

みなさん、「ききみみずきん」という言葉を聞いたことがありますか。これは、昔話の『ききみみずきん』というお話に由来しています。ずきんをかぶると動物や植物の声を聞くことができ、その不思議なずきんをかぶった藤六(主人公)が村人のくらしを豊かにするというお話です。

私たちは、森の声に耳を傾け、自然の不思議さやおもしろさをたくさんの人に伝えて、興味や関心を持ってもらうために活動しているボランティアグループです。

主に、お客さんを案内するミニガイドをはじめ、危険箇所の早期発見や来園者への声かけを行う園内パトロールなどを行っています。

自然を大切にしたい人の輪、自然を大切にすることを伝える人の輪が広がってゆけば、自然は守られてゆくと思います。

ようこそ ききみみずきんへ(PDF形式、1.07MB)

あなたも「ききみみずきん」に入って一緒に活動しませんか?

ネイチャーセンターに事務局を置いています。活動に興味のある方はお気軽におたずねください。

活動の様子を知るには、まず月1回または2回のペースで開催する主催イベントの「ミニガイド」に参加してみてください。

また、ネイチャーセンターのロビーに“ききみみずきん”のコーナーがあります。

今後の予定や活動の様子を紹介していますのでぜひご覧ください。なお、活動報告は、当ホームページにも掲載しています。

ツリーウォッチングマップ

姫路市自然観察の森内の「チョウの庭周辺」「芝生広場」「水飲み広場」「駐車場周辺」の各場所ごとに樹木巡りができるようにツリーウォッチングマップがあります。

ネイチャーセンターのロビーにある“ききみみずきん”のコーナーにもプリントを置いていますのでぜひご活用ください。

ツリーウォッチングマップ(PDF形式、1.14MB)

15周年記念誌を発行しました!

ききみみずきんが設立15週年を迎えたのを機に記念誌を製作、2011年に発行しました。内容はこれまでの活動記録が主で、プログラム集としても使えるような体裁になっています。

広く一般の方々にも活動を知ってもらおうと、この記念誌を再構成したものをPDFにて掲載しています。興味のある方はぜひご覧ください。

15周年記念誌「ボランティアグループ ききみみずきん ~15年をふりかえって~」(PDF形式、2.26MB)

ボランティア ききみみずきん 活動報告一覧

9月ぶらりウォーキングの活動報告 2021年9月16日(木曜日)

あずま屋で休憩している参加者の写真 少しずつ秋の気配を感じる森を、ぶらりと歩くひと時。
森はすっかり実りの秋を迎えています。
和ろうそくの原料になるヤマハゼの実。
サルトリイバラにアケビ、ヤマボウシにウメモドキ、クサギにミヤマガマズミと色とりどり。
湿地では季節の花が上品に咲いています。
途中休憩では、目を閉じて深呼吸をし、聴こえてくる音に耳を傾け、ゆったりとした時間を過ごしました。
キノコや昆虫、小鳥たちにも出会い、移り行く季節を堪能しました。

9月ぶらりウォーキング 内容説明(PDF形式、119KB)

9月の森のフシギさがしの活動報告 2021年9月12日(日曜日)

クスノキの葉を観察している写真 夏の終わりに見られる森のフシギさがしに出発です。
今回は、色んなにおいをかいで、においのフシギを体験しました。
また、森には葉っぱや枝付きのドングリがたくさんおちています。
よく観察するとドングリには小さな穴があいています。
どうしてだろう。誰の仕業だろう。
お散歩しながら色んなフシギを観察しましたよ。
まだまだ暑い一日でしたが、森では少しずつ秋の気配が感じられました。



9月の森のフシギさがしの内容説明(PDF形式、113KB)

9月絵本をよんで親子であそぼの活動報告 2021年9月5日(日曜日)

芝生広場で遊んでいる家族の様子 毎月、自然の中で昔遊びを体験したり、絵本をよんで親子で楽しい時間を過ごしています。
9月の遊びは、紙コップでブンブン蝉の工作と新聞紙を丸めて箱に投げ入れる家族対抗戦をしましたよ。
そして、芝生広場で絵本を2冊読みました。
外で絵本を聞くのは、開放感があって特別です。
毎回恒例のオカリナ演奏では、みんなでオカリナに合わせて 虫の声 を合唱しました。
森の虫たちも一緒に歌っていたかも知れませんね。
来月も楽しみです。

9月絵本をよんで親子であそぼ 内容説明(PDF形式、123KB)

小鳥の羽ブローチを作ろうの活動報告 2021年8月29日(日曜日)

工作室でブローチを作っている写真 今回は、カワラヒワの羽ブローチを作りました。
ただ作るだけではなく、カワラヒワのくちばしの特徴についての説明や鳴き声を聞いたり、カワラヒワについて詳しくなったあとに制作開始。
黄色が美しい鮮やかなカワラヒワの羽ブローチができました。
今度は本物のカワラヒワに会いたいですね。

小鳥の羽ブローチを作ろう 内容説明(PDF形式、111KB)

8月の森のフシギさがしの活動報告 2021年8月8日(日曜日)

池の中をのぞきこんで生き物を探す参加者の写真 暑い夏の森には、どんなフシギが待っているかな。
紙とえんぴつを持って、みんなで調査開始です。
毒のある植物を食べるイモムシさん、食べる理由は何かな。
色んな匂いの花や葉っぱ、その匂いのワケは何だろう。
秋じゃないのに赤い葉っぱがあるのはどうしてかな。
夏の森では、色んな生き物にも出会いました。
セミやトンボ、ちょうちょにバッタ、水辺ではオタマジャクシにマツモムシ、アカガエル。
子どもたちは、次々にフシギを発見して発表してくれました。
お土産の小さなリースも嬉しかったですね。

8月の森のフシギさがし 内容説明(PDF形式、123KB)

絵本をよんで親子であそぼの活動報告 2021年8月1日(日曜日)

木陰で子供たちに絵本の読み聞かせをしている写真 毎月恒例のイベントです。
まず最初に、おせんべいやけたかなの手遊びでみんなニッコリ。
室内遊びは、折り紙でタコのお相撲さん作りでした。
土俵も作って、親子でお相撲対決をしましたよ。
その後、芝生広場の木陰で絵本を2冊読み、オカリナ演奏に合わせて うみ を合唱しました。
夏真っ盛りの森に、セミにも負けない子どもたちの楽しい声が響き渡りました。

絵本をよんで親子であそぼ 内容説明(PDF形式、106KB)

スライド絵本と松ぼっくりのフクロウ作りの活動報告 2021年7月24日(土曜日)

松ぼっくりで作ったフクロウが3羽並んでいる写真 今日は、プロジェクターを使って、絵本を大型スクリーンに投影しました。
大きなスクリーンで見ると、お話の世界に入り込んだみたいです。
他にも、おちたおちた おてらのおしょうさんなど わらべ歌で体を使い、声を出してあそびました。
お楽しみは、松ぼっくりを使ったフクロウ作りです。
フクロウのクイズをした後だから、楽しさ倍増。
同じ材料を使っても、同じフクロウは1つもありません。
みんな自分だけのフクロウ作り、大成功でした。

スライド絵本と松ぼっくりのフクロウ作り 内容説明(PDF形式、91KB)

7月ぶらりウォーキングの活動報告  2021年7月15日(木曜日)

みんなで森を歩いている写真 ぶらりウォーキングは、自然を楽しみながら、自分の心と体の健康作り仲間作りをしようと言うコンセプトで行っています。
この季節、森の至る所でキノコを見かけます。
そのキノコ達の森での役割を考えたり、途中休憩では目を閉じてどんな音が聞こえてくるかを体験しました。
途中、雨が降りましたが、あずまやで雨宿りしている時間にも、樹木のお話を聞いて和気あいあいと過ごしました。
時には姫路市の環境問題への取り組みについて話を聞いたり、鳥や蝉の声に耳を傾けたりと、自然の中で大人時間を満喫できる有意義なひと時となりました。

7月ぶらりウォーキングの内容説明(PDF形式、119KB)

7月の森のフシギさがしの活動報告 2021年7月11日(日曜日)

こども達が芝生広場のベンチで葉っぱの観察をしている写真 今年は長梅雨でしたね。この時期の森では、どんな不思議に出会えるのでしょうか。
みんなでゆっくり散策しながら、これなんだろう、どうしてこんな形をしているんだろうと、不思議に思う生き物や植物を観察しました。
まだ小さい赤ちゃんどんぐりを発見したり、ザラザラした葉っぱで10円玉をピカピカにみがいたり、ダンゴムシのオスとメスの見分け方を教えてもらったよ。
次回、8月の森には、どんな不思議が待っているかな。

7月の森のフシギさがしの内容説明(PDF形式、109KB)

7月絵本をよんで親子であそぼの活動報告 2021年7月4日(日曜日)

参加者が芝生広場で紙飛行機を飛ばしている写真 毎月一回、絵本をよんだり昔ながらの自然遊びを楽しんでいます。
今回は、紙飛行機を作って芝生広場で飛ばしました。
虫たちが、かくれんぼしている写真を見た後は、自然の中にかくれている折り紙のバッタ探しをしたり、絵本をよんだり、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
最後は、オカリナ演奏に合わせて「かたつむり」や「シャボン玉」を合唱しました。
来月はどんな絵本や遊びかな。

7月絵本をよんで親子であそぼの内容説明 2021年7月4日(日曜日)(PDF形式、106KB)

梅雨時の生きものウォッチングの活動報告 2021年6月19日(土曜日)

池の中の生き物を捕まえて観察している写真 梅雨時の湿気の多い時期には、どんな生きものが見られるのでしょうか。
まずは、室内でヤゴやモリアオガエルについて学んだあと、小雨の降る中カッパを着て網を持って出動しました。
めざすはホタル池。
お目当てのモリアオガエルの卵塊が2つもあったり、いろんな種類のヤゴやアカハライモリにマツモムシ。たくさんの生きものを発見して参加者もスタッフも大喜びでした。

梅雨時の生きものウォッチングの内容説明(PDF形式、114KB)

6月 レッツゴー自然観察会の活動報告 2021年6月13日(日曜日)

ヤマボウシの花を観察している参加者の写真 梅雨の中休み、緑が濃くなってきた6月の森の樹木や花などを観察しました。今回は北門からの観察路をゆっくり散策しましたよ。
ナツツバキやヤマボウシなど白い涼やかな花たちがたくさん咲き誇っています。実りの季節を迎えたヤマモモやニガイチゴなど、食べられる可愛い赤い実を特別に味見していただきました。池にはモリアオガエルの卵塊も見られ、梅雨時の植物や動物の生き生きとした様子を見ることが出来ました。

6月 レッツゴー自然観察会の内容説明(PDF形式、101KB)

レッツゴー自然観察会(4月の見どころを紹介)の活動報告 2021年4月11日(日曜日)

ヤマモモの木を観察している参加者の写真 4月、森は冬から春へと移り変わり、小さな花や新緑に包まれて気持ちもウキウキします。
今回は、少しずつ春を感じ始めた森で、植物 特に樹木の特徴に注目しながら観察しました。
実際に見たり触ったりする事で、樹木によって見た目も形も性質も違うことが分かります。
途中で参加者の男の子が、コナラのどんぐりから芽が出ていることを発見し、どんぐりの芽と根がどこから出ているのかクイズもしました。
こんな風に、いつも森では発見がいっぱいあります。
次回は何に出会えるかな。

レッツゴー自然観察会(4月の見どころを紹介)の内容説明(PDF形式、112KB)

ぶらりウォーキング(4月)の活動報告 2021年4月15日(木曜日)

参加者が木々の間で輪になって深呼吸している写真 「移り行く季節を楽しみながら、免疫力アップ・ストレス発散・体力づくり・仲間づくりをしませんか」というテーマのもと、今月から始まった新しいイベントです。
3人のガイドがそれぞれの得意分野を生かして、みんなで楽しく歩く「ぶらりウォーキング」を提案していきます。
今回は春うららかな陽気の中、今咲いている花を紹介したり、時にはSDGsに思いをはせたり、木々の間で目を閉じて深呼吸したりと、途中休憩をはさみながら頂上まで歩きました。
頂上では、渡って来たばかりの夏鳥「センダイムシクイ」の鳴き声も聞くことができ、体いっぱいに春を感じるひと時でした。

ぶらりウォーキング(4月)の内容説明(PDF形式、110KB)

絵本のとびら&あそび(4月)の活動報告 2021年4月4日(日曜日)

桜の花の飾りに手作りの蝶々をとまらせて遊ぶ子どもたちの写真 今月から始まった「絵本のとびら&あそび(4月)」
初回は、あいにくのお天気で室内開催となりましたが、子どもたちの楽しそうな声がセンターを包んでいました。
ジャンケン遊び、オカリナ演奏に合わせたイス取りゲーム、絵本の時間。
工作の時間では、この森で見られるテングチョウやキタキチョウを紹介した後に、みんなでひらひら舞うペープサートのちょうちょ作りをしました。
来月からも毎月第1日曜日に開催しますので、是非ご参加ください。

絵本のとびら&あそび(4月)の内容説明(PDF形式、112KB)

バードウォッチング(春の小鳥を見よう)の活動報告 2021年4月3日(土曜日)

鳥のいる方向を指さしたり、カメラを向ける参加者の写真 今月も大人気のバードウォッチング。
初心者コースと経験者コースに分かれてスタートしました。
満開の桜に来る鳥を観察し、鳥の種類によって蜜の吸い方が違うことを教わりました。
お目当てのニュウナイスズメには出会えませんでしたが、いつもは森で見かけない普通のスズメが、桜の蜜を求めて来ていました。また、冬鳥のジョウビタキのオスとメス、オシドリやマヒワが観察出来た事はラッキーでした。
今回は、2班合計で29種類の野鳥を観察。次回は、夏鳥のオオルリに期待が高まります。


バードウォッチング(春の小鳥を見よう)の内容説明(PDF形式、114KB)

森をまるごと楽しもうの活動報告 2021年4月1日(木曜日)

メジロの巣を見ながら説明を聞く参加者の写真 春らしい心地良い気候の中、森のめぐみをまるごと楽しんできました。
森ではオオシマザクラやソメイヨシノが満開を迎えています。そんな中、森から受けている恩恵について考えたり、ガイドから樹木の効能や利用方法、花の雌雄の見分け方を学びながら散策しました。
途中休憩では、目を閉じて聴こえてくる音に耳を傾けたり、深呼吸をしてリフレッシュ。
時折吹く風に桜吹雪が舞い、足元にひっそりと咲くスミレやキランソウを見つけて心を癒され、春を体いっぱいに感じたひと時でした。
最後に朗読やオカリナ演奏を聴きながら椿茶の試飲を楽しみ、木材を草木染したブローチをお土産にいただき、終始みなさんの笑顔があふれる観察会となりました。


森をまるごと楽しもうの内容説明(PDF形式、172KB)

3月平日ガイドウォークの活動報告 2021年3月25日(木曜日)

見上げて木々の花を観察する参加者の写真 今回は、観察の森の北側入口周辺を観察しました。
白いコブシや黄色いトサミズキ、ピンク色のコバノミツバツツジの花など、所々できれいな花が咲き始め、森はすっかり春らしくなりました。
参加者の方からも積極的に質問の声があがり、色々な樹木の新葉や芽生えを観察したり、雄花と雌花を見比べたりと充実した内容になりました。

3月平日ガイドウォークの内容説明(PDF形式、90KB)

森をおさんぽ絵本よみの活動報告 2021年3月20日(土曜日)

森のあずまやで、参加者に絵本の読み聞かせをしている写真 今日は4歳から小学2年生のお子様を対象に、森をおさんぽして「春」を探したり、絵本や手遊びをして過ごしました。
ヤマザクラが咲いて春らしくなってきましたが、他にはどんな春が見つけられるかな。
みんなでキョロキョロしながら歩き、途中の広場やあずまやで休憩しながら色々な絵本や手遊びを楽しみました。
親子で楽しめる自然観察やあそび歌や絵本がたくさん。
おうちに帰ってからも、親子で楽しい時間を過ごして下さいね。




森をおさんぽ絵本よみの内容説明(PDF形式、105KB)

3月バードウォッチング(青い鳥のラストチャンス)の活動報告 2021年3月7日(日曜日)

ガイドが、鳥がいるよと子どもに指をさして教えている写真 気候も良くなりバードウォッチングは大人気です。
今回は、初心者コース2班と経験者コース1班の合計3班にわかれて活動しました。初心者コースはセンターにて双眼鏡の使い方を練習してからスタート。
センター付近では、最近毎日のように姿を見せてくれていたルリビタキ。今日に限ってなかなか姿を見せてくれません。みんなの熱い視線に驚いてしまったのでしょうか。
今回は、春を告げるウグイスの声や200羽程のオシドリ、いつものヤマガラ、シジュウカラ、エナガ、メジロなど、3班合計で27種を確認する事が出来ました。
そして、イベント終了後にセンターのテラスで根気よくルリビタキを待っていた数名の方が、ルリビタキに会うことが出来ました。

3月バードウォッチング(青い鳥のラストチャンス)の内容説明(PDF形式、115KB)

ページの先頭へ戻る