共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

ボランティア ききみみずきん

  1. ホーム
  2. > ボランティア ききみみずきん

ボランティア ききみみずきんについて

みなさん、「ききみみずきん」という言葉を聞いたことがありますか。これは、昔話の『ききみみずきん』というお話に由来しています。ずきんをかぶると動物や植物の声を聞くことができ、その不思議なずきんをかぶった藤六(主人公)が村人のくらしを豊かにするというお話です。

私たちは、森の声に耳を傾け、自然の不思議さやおもしろさをたくさんの人に伝えて、興味や関心を持ってもらうために活動しているボランティアグループです。

主に、お客さんを案内するミニガイドをはじめ、危険箇所の早期発見や来園者への声かけを行う園内パトロールなどを行っています。

自然を大切にしたい人の輪、自然を大切にすることを伝える人の輪が広がってゆけば、自然は守られてゆくと思います。

ようこそ ききみみずきんへ(PDF形式、1.07MB)

あなたも「ききみみずきん」に入って一緒に活動しませんか?

ネイチャーセンターに事務局を置いています。活動に興味のある方はお気軽におたずねください。

活動の様子を知るには、まず月1回または2回のペースで開催する主催イベントの「ミニガイド」に参加してみてください。

また、ネイチャーセンターのロビーに“ききみみずきん”のコーナーがあります。

今後の予定や活動の様子を紹介していますのでぜひご覧ください。なお、活動報告は、当ホームページにも掲載しています。

ツリーウォッチングマップ

姫路市自然観察の森内の「チョウの庭周辺」「芝生広場」「水飲み広場」「駐車場周辺」の各場所ごとに樹木巡りができるようにツリーウォッチングマップがあります。

ネイチャーセンターのロビーにある“ききみみずきん”のコーナーにもプリントを置いていますのでぜひご活用ください。

ツリーウォッチングマップ(PDF形式、1.14MB)

15周年記念誌を発行しました!

ききみみずきんが設立15週年を迎えたのを機に記念誌を製作、2011年に発行しました。内容はこれまでの活動記録が主で、プログラム集としても使えるような体裁になっています。

広く一般の方々にも活動を知ってもらおうと、この記念誌を再構成したものをPDFにて掲載しています。興味のある方はぜひご覧ください。

15周年記念誌「ボランティアグループ ききみみずきん ~15年をふりかえって~」(PDF形式、2.26MB)

ボランティア ききみみずきん 活動報告一覧

自然の中であそび隊の活動報告 2021年11月23日(火曜日)

森の中で色探しをしている写真 いろんな色に紅葉している森で、色探し。どんな色が見つかるかな。
森の中で目を閉じると、どんな音が聞こえてくるかな。
鳥の声、葉っぱのこすれる音、風の音。
おうちや学校で聞こえてくる音と違うかな。
少し風の強かった今日の森で、風を利用して種を遠くに飛ばす植物のこと、種の飛び方についてのお話を聞きました。植物ってえらいですね。
拾った落ち葉でじゃんけん大会をしたり、いろんな葉っぱの特徴や違いを観察しました。
葉っぱのこすりだしも楽しかったね。

自然の中であそび隊(PDF形式、108KB)

11月ぶらりウォーキングの活動報告 2021年11月18日(木曜日)

みんなで深呼吸している写真 自然を楽しみながら心と体の健康づくりをしようと言うコンセプトのもと、今月も様々な角度から森の散策を楽しみました。
紅葉している木々の足元で、食虫植物のトウカイコモウセンゴケも赤く紅葉しています。
実りの秋を迎え、森では色々な果実が見られます。
その果実を食べにくる鳥たちや貯水池に飛来しているカモの姿も見れました。
環境のお話では、都市空間における「雨庭」についての紹介がありましたよ。
また、植物が発散する香りの成分には抗菌作用がある事から、お寿司屋さんでは木材や抗菌作用のある葉が使用されている事も紹介されました。
参加者同士も和気あいあいとした雰囲気で、楽しい時間を過ごしました。

11月ぶらりウォーキング 内容説明(PDF形式、120KB)

11月の森のフシギさがしの活動報告 2021年11月14日(日曜日)

イロハモミジの種を観察している写真 今月は、秋の森の木の実や種を中心に観察しました。
秋に赤くなる木の実が多いのは、どうしてだろう。
風に運ばれる種、昆虫に運ばれる種、鳥に運ばれる種。
移動できない植物が考え出した、種を遠くに運んでもらう方法について、お話を聞きました。
また、食べられるどんぐりの試食もしました。
最後に、散策しながら集めた木の実が何の実か調べ、コレクションケースを完成させましたよ。
まさに、実り多い秋の一日となりました。

11月の森のフシギさがし 内容説明(PDF形式、107KB)

11月バードウォッチングの活動報告 2021年11月6日(土曜日)

桜山貯水池のカモを観察している写真 季節が進み、観察の森には少しずつ冬鳥たちが渡って来ています。
双眼鏡初心者と経験者にわかれて、それぞれのペースでゆっくり観察しました。
センターを出てすぐに出会ったのは、冬鳥のジョウビタキ。
幸先の良いスタートとなりました。
中央広場では、上空にタカを発見。ノスリとオオタカです。
途中、メジロやヤマガラ、エナガにシジュウカラなど、たくさんの小鳥にも出会いました。
そして何と言っても今回のハイライトは、悠々と歩くヤマドリのオスに出会えたことです。
桜山貯水池には、ホシハジロとキンクロハジロの姿も見れました。
冬鳥のシーズンが始まり、ますます今後のバードウォッチングが楽しみです。



11月バードウォッチング 内容説明(PDF形式、108KB)

森をまるごと楽しもうの活動報告 2021年11月4日(木曜日)

ヤマモモの木の下でオカリナ演奏を楽しんでいる写真 私達が森から受けている恩恵って何だろう。
実際に森を歩きながら、森の役割や森から受ける恩恵について、新たな発見や気付きを楽しみます。
紅葉の始まった木々を見ながら、ゆっくりと散策。
森から聴こえてくる音に耳をすませ、深呼吸をして体いっぱいに気持ちのいい空気を取り込みます。
森の恵みである果実や果実酒についてのお話、生薬と民間薬と漢方薬の違いについてのお話も聞きました。
雲の高くなった秋晴れの空の下、クロモジ茶をいただきながらオカリナ演奏や詩の朗読を楽しみ、森の恩恵を満喫したひと時となりました。

森をまるごと楽しもう内容説明(PDF形式、175KB)

森のめぐみでアートの活動報告 2021年10月23日(土曜日)

木の実を使って工作する子供たちの写真 芸術の秋がやって来ました。
まずは、森に木の実や小枝を拾いに行きます。
持ち帰った材料と事前に準備した材料を使って、思い思いの工作の始まりです。
竹の輪にどんぐりの小鳥がとまっているモニュメントだけは、みんなで同じものを作りましたが、あとは自由な発想で一枚のボードを作り上げていきました。
個性あふれる作品ばかりで、みんな秋のいい思い出作りになりましたね。

森のめぐみでアート 内容説明(PDF形式、105KB)

10月ぶらりウォーキングの活動報告 2021年10月21日(木曜日)

湿地の観察をしている写真 秋晴れの心地良い空気に包まれた森を、ぶらりとウォーキング。
毎回、森の恩恵についてのお話や森林浴、環境のお話や自然観察をまじえながら、ゆっくりと森を散策しています。
今回は、湿地に咲くリンドウやヤマラッキョウ、キセルアザミやスイランを観察しました。
また、湿地に出現している油膜のような物の正体について、興味深いお話もありました。
森の恩恵については、食欲の秋にふさわしい 人間にとって有益な微生物の発酵 についてのお話もあり、美味しい話題に花が咲きました。
自然に目を向けて、ゆっくりゆっくり森を散策する ぶらりウォーキング。
来月も皆さんのご参加をお待ちしています。

10月ぶらりウォーキングの内容説明(PDF形式、125KB)

10月の森のフシギさがしの活動報告 2021年10月10日(日曜日)

屋外で親子が植物観察をしている写真 子どもは虫メガネ、大人はルーペを持って森のフシギさがしに出発です。
さて、どんなフシギが見つかるかな。
とっても派手なジョロウグモのオスとメスの見分け方を教えてもらったよ。
くさいクサギの葉っぱは、どの位くさいのかな。
鳥が大好きなアケビの実は、どんな味かな。
キツツキの穴やモグラ塚があったよ。
知っているのと、実際に見て聞いて体験するのは大違い。
どんぐりクイズも楽しかったね。
森には、まだまだフシギがいっぱいです。

10月の森のフシギさがし 内容説明(PDF形式、122KB)

10月絵本をよんで親子であそぼの活動報告 2021年10月3日(日曜日)

子ども達が落ち葉で工作している写真 毎月恒例 絵本をよんで親子であそぼ 
今月の工作は、紙コップと折り紙でクラッカー作り。
屋外活動では、拾った落ち葉を画用紙に貼って、落ち葉に顔を描きました。
赤い葉っぱ、黄色い葉っぱ、丸い葉っぱに虫食い葉っぱ。
虫食い葉っぱの穴からのぞきっこして遊びましたよ。
芝生広場のベンチでキリギリスの紙芝居を見て、最後はオカリナ演奏で虫のこえを合唱。
盛りだくさんの1時間を過ごすことができました。
来月も楽しみです。

10月絵本をよんで親子であそぼ 内容説明(PDF形式、107KB)

10月バードウォッチング 2021年10月2日(土曜日)

双眼鏡でタカを見ている様子 日本で繁殖を終えたタカが、東南アジアへ渡る季節が来ました。
久々の開催となったバードウォッチングですが、今回も大盛況です。
初心者コースと経験者コースに分かれ、初心者コースは双眼鏡の使い方を練習してからスタート。
経験者コースは、タカとの遭遇を期待して山頂展望台へ。
気温が上がり木陰で涼みながら、まだかまだかと待っていたその時でした。
上昇気流に乗って気持ち良く旋回しながら飛んでいる鳥の影。
悠々と空を舞うサシバとノスリとトビを確認しました。
他にもコゲラやヤマガラ、エナガにシジュウカラなど、初心者コース経験者コースともに11種ずつ2班合計15種類を確認する事ができました。

10月バードウォッチング 内容説明(PDF形式、107KB)

秋の虫と友達になろうの活動報告 2021年9月26日(日曜日)

森で虫探しをしている写真 鳴く虫たちの季節がやって来ました。
まずは、鳴く虫の種類や名前の由来、鳴き声について少し勉強しました。
さあ、虫探しの始まりです。
どこからどんな鳴き声が聞こえてくるかな。
耳を澄まして目を凝らして大捜索。
モリオカメコオロギ、エンマコオロギ、マダラスズなど、見つけた虫をみんなで観察しました。
虫を追いかけて走り回るのは、本当に楽しいですね。
来年も虫たちに会えるよう、観察した後は虫たちを森に返しました。

秋の虫と友達になろう 内容説明(PDF形式、111KB)

もっとバッタと友達になろうの活動報告 2021年9月20日(月曜日)

バッタのオリンピックを開催している写真 バッタの耳はどこかな。オスとメスは、どこが違うのかな。
まずは、芝生広場でバッタを探して、見つけたバッタの絵を描きました。
絵を描くと、体のつくりをよく観察する事ができますね。
お待ちかね バッタのオリンピック では、自分で捕まえたバッタがどこまで飛ぶか競争です。
バッタって、本当に遠くまで飛べるんですね。
オリンピックの後は、バッタの一生についてのお話を聞きました。
バッタと友達になるって、バッタをよく知ることだったんですね。
みんなお友達になれたかな。

もっとバッタと友達になろうの内容説明(PDF形式、120KB)

9月ぶらりウォーキングの活動報告 2021年9月16日(木曜日)

あずま屋で休憩している参加者の写真 少しずつ秋の気配を感じる森を、ぶらりと歩くひと時。
森はすっかり実りの秋を迎えています。
和ろうそくの原料になるヤマハゼの実。
サルトリイバラにアケビ、ヤマボウシにウメモドキ、クサギにミヤマガマズミと色とりどり。
湿地では季節の花が上品に咲いています。
途中休憩では、目を閉じて深呼吸をし、聴こえてくる音に耳を傾け、ゆったりとした時間を過ごしました。
キノコや昆虫、小鳥たちにも出会い、移り行く季節を堪能しました。

9月ぶらりウォーキング 内容説明(PDF形式、119KB)

9月の森のフシギさがしの活動報告 2021年9月12日(日曜日)

クスノキの葉を観察している写真 夏の終わりに見られる森のフシギさがしに出発です。
今回は、色んなにおいをかいで、においのフシギを体験しました。
また、森には葉っぱや枝付きのドングリがたくさんおちています。
よく観察するとドングリには小さな穴があいています。
どうしてだろう。誰の仕業だろう。
お散歩しながら色んなフシギを観察しましたよ。
まだまだ暑い一日でしたが、森では少しずつ秋の気配が感じられました。



9月の森のフシギさがしの内容説明(PDF形式、113KB)

9月絵本をよんで親子であそぼの活動報告 2021年9月5日(日曜日)

芝生広場で遊んでいる家族の様子 毎月、自然の中で昔遊びを体験したり、絵本をよんで親子で楽しい時間を過ごしています。
9月の遊びは、紙コップでブンブン蝉の工作と新聞紙を丸めて箱に投げ入れる家族対抗戦をしましたよ。
そして、芝生広場で絵本を2冊読みました。
外で絵本を聞くのは、開放感があって特別です。
毎回恒例のオカリナ演奏では、みんなでオカリナに合わせて 虫の声 を合唱しました。
森の虫たちも一緒に歌っていたかも知れませんね。
来月も楽しみです。

9月絵本をよんで親子であそぼ 内容説明(PDF形式、123KB)

小鳥の羽ブローチを作ろうの活動報告 2021年8月29日(日曜日)

工作室でブローチを作っている写真 今回は、カワラヒワの羽ブローチを作りました。
ただ作るだけではなく、カワラヒワのくちばしの特徴についての説明や鳴き声を聞いたり、カワラヒワについて詳しくなったあとに制作開始。
黄色が美しい鮮やかなカワラヒワの羽ブローチができました。
今度は本物のカワラヒワに会いたいですね。

小鳥の羽ブローチを作ろう 内容説明(PDF形式、111KB)

8月の森のフシギさがしの活動報告 2021年8月8日(日曜日)

池の中をのぞきこんで生き物を探す参加者の写真 暑い夏の森には、どんなフシギが待っているかな。
紙とえんぴつを持って、みんなで調査開始です。
毒のある植物を食べるイモムシさん、食べる理由は何かな。
色んな匂いの花や葉っぱ、その匂いのワケは何だろう。
秋じゃないのに赤い葉っぱがあるのはどうしてかな。
夏の森では、色んな生き物にも出会いました。
セミやトンボ、ちょうちょにバッタ、水辺ではオタマジャクシにマツモムシ、アカガエル。
子どもたちは、次々にフシギを発見して発表してくれました。
お土産の小さなリースも嬉しかったですね。

8月の森のフシギさがし 内容説明(PDF形式、123KB)

絵本をよんで親子であそぼの活動報告 2021年8月1日(日曜日)

木陰で子供たちに絵本の読み聞かせをしている写真 毎月恒例のイベントです。
まず最初に、おせんべいやけたかなの手遊びでみんなニッコリ。
室内遊びは、折り紙でタコのお相撲さん作りでした。
土俵も作って、親子でお相撲対決をしましたよ。
その後、芝生広場の木陰で絵本を2冊読み、オカリナ演奏に合わせて うみ を合唱しました。
夏真っ盛りの森に、セミにも負けない子どもたちの楽しい声が響き渡りました。

絵本をよんで親子であそぼ 内容説明(PDF形式、106KB)

スライド絵本と松ぼっくりのフクロウ作りの活動報告 2021年7月24日(土曜日)

松ぼっくりで作ったフクロウが3羽並んでいる写真 今日は、プロジェクターを使って、絵本を大型スクリーンに投影しました。
大きなスクリーンで見ると、お話の世界に入り込んだみたいです。
他にも、おちたおちた おてらのおしょうさんなど わらべ歌で体を使い、声を出してあそびました。
お楽しみは、松ぼっくりを使ったフクロウ作りです。
フクロウのクイズをした後だから、楽しさ倍増。
同じ材料を使っても、同じフクロウは1つもありません。
みんな自分だけのフクロウ作り、大成功でした。

スライド絵本と松ぼっくりのフクロウ作り 内容説明(PDF形式、91KB)

7月ぶらりウォーキングの活動報告  2021年7月15日(木曜日)

みんなで森を歩いている写真 ぶらりウォーキングは、自然を楽しみながら、自分の心と体の健康作り仲間作りをしようと言うコンセプトで行っています。
この季節、森の至る所でキノコを見かけます。
そのキノコ達の森での役割を考えたり、途中休憩では目を閉じてどんな音が聞こえてくるかを体験しました。
途中、雨が降りましたが、あずまやで雨宿りしている時間にも、樹木のお話を聞いて和気あいあいと過ごしました。
時には姫路市の環境問題への取り組みについて話を聞いたり、鳥や蝉の声に耳を傾けたりと、自然の中で大人時間を満喫できる有意義なひと時となりました。

7月ぶらりウォーキングの内容説明(PDF形式、119KB)

ページの先頭へ戻る