共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

ボランティア ききみみずきん

  1. ホーム
  2. > ボランティア ききみみずきん

ボランティア ききみみずきんについて

みなさん、「ききみみずきん」という言葉を聞いたことがありますか。これは、昔話の『ききみみずきん』というお話に由来しています。ずきんをかぶると動物や植物の声を聞くことができ、その不思議なずきんをかぶった藤六(主人公)が村人のくらしを豊かにするというお話です。

私たちは、森の声に耳を傾け、自然の不思議さやおもしろさをたくさんの人に伝えて、興味や関心を持ってもらうために活動しているボランティアグループです。

主に、お客さんを案内するミニガイドをはじめ、危険箇所の早期発見や来園者への声かけを行う園内パトロールなどを行っています。

自然を大切にしたい人の輪、自然を大切にすることを伝える人の輪が広がってゆけば、自然は守られてゆくと思います。

ようこそ ききみみずきんへ(PDF形式、1.07MB)

あなたも「ききみみずきん」に入って一緒に活動しませんか?

ネイチャーセンターに事務局を置いています。活動に興味のある方はお気軽におたずねください。

活動の様子を知るには、まず月1回または2回のペースで開催する主催イベントの「ミニガイド」に参加してみてください。

また、ネイチャーセンターのロビーに“ききみみずきん”のコーナーがあります。

今後の予定や活動の様子を紹介していますのでぜひご覧ください。なお、活動報告は、当ホームページにも掲載しています。

ツリーウォッチングマップ

姫路市自然観察の森内の「チョウの庭周辺」「芝生広場」「水飲み広場」「駐車場周辺」の各場所ごとに樹木巡りができるようにツリーウォッチングマップがあります。

ネイチャーセンターのロビーにある“ききみみずきん”のコーナーにもプリントを置いていますのでぜひご活用ください。

ツリーウォッチングマップ(PDF形式、1.14MB)

15周年記念誌を発行しました!

ききみみずきんが設立15週年を迎えたのを機に記念誌を製作、2011年に発行しました。内容はこれまでの活動記録が主で、プログラム集としても使えるような体裁になっています。

広く一般の方々にも活動を知ってもらおうと、この記念誌を再構成したものをPDFにて掲載しています。興味のある方はぜひご覧ください。

15周年記念誌「ボランティアグループ ききみみずきん ~15年をふりかえって~」(PDF形式、2.26MB)

ボランティア ききみみずきん 活動報告一覧

5月の森のフシギさがし 活動報告 2022年5月8日(日曜日)

樹木を見上げてみている写真 5月の新緑の森では、植物も生き物も大忙し。
まずは観察の仕方を学び、ルーペを持って森へ散策に向かいます。
今回の参加者は大人のみと言うことで、大人向けフシギさがしは大変濃い内容になりました。
地べたに座り込み、わくわくしながらルーペを覗きます。
樹木にお花、苔や虫に鳥。
観察を通して、出会うもの全てに生きる知恵が詰まっている事を実感しました。
こんな風に腰を降ろして、自然の営みに目を向けるのもいいものですね。

5月の森のフシギさがし 内容説明(PDF形式、105KB)

5月バードウォッチング入門 活動報告 2022年5月7日(土曜日)

双眼鏡で鳥を探している写真 新緑の美しい5月の森でバードウォッチングをしました。
今回も双眼鏡とポケット図鑑の使い方を練習するところからスタートです。
丁度、ひらひらとツツジに飛んできたモンキアゲハで双眼鏡の練習をしました。
森に出ると、カワラヒワやセンダイムシクイ、アオゲラなどのさえずりが聴こえてきます。
4月から始まったバードウォッチング入門では、観察だけではなく鳥の生態やバードウォッチングのマナーに関する講師の話も魅力的ですよ。
今回は、計16種を確認しました。
鳥や自然に優しいマナーを身に付けて、これからもバードウォッチングを楽しみましょう。

5月バードウォッチング入門 内容説明(PDF形式、88KB)

森をおさんぽ絵本よみ 活動報告 2022年5月5日(木曜日)

森で絵本を読んでいる写真 今日は5月5日こどもの日。こどもの日と言えば、新聞紙でカブト作り。
新聞紙カブトを被る子供たちの姿に、昔を思い出して懐かしい気持ちになりました。
また、室内や森の中で手遊びをしたり絵本を見たり詩の朗読を聞いているうちに、どんどん楽しい森の世界に入り込んでいきます。
森の中では、小さな昆虫や木の実など春さがしをしながらお散歩をしましたよ。
木漏れ日で影遊びをしたり、貯水池の見える観察小屋でなぞなぞを楽しんだり、子供たちは遊びの天才です。
子供と一緒に、かつて子供だった大人達も童心に帰り、ステキなこどもの日を過ごすことが出来ました。


森をおさんぽ絵本よみ 内容説明(PDF形式、94KB)

4月ぶらりウォーキング 活動報告 2022年4月21日(木曜日)

クスノキの説明を聞いている写真 センターを出てすぐ、春に古い葉を落とすクスノキがあります。
事前に用意したクスノキの木材チップや落ち葉の匂いを嗅ぎ、五感を澄まして森へ出発。
トウグミにコバノミツバツツジ、ニガイチゴにミツバアケビ、春の森には様々な花が咲いています。
白い花が目を引くマルバアオダモの特徴を聞いて、へーっと感心。
途中、植物名の漢字クイズをして小休止したり、深呼吸の方法も学んでゆっくり休憩をとりました。
嬉しかったのは、センダイムシクイやコマドリやキビタキなど、夏鳥の美しい声を聴けたことです。
森で出会ったスミレの種類の見分け方、アカメガシワの赤い葉の理由、松の樹齢の数え方や種の特徴まで、内容は盛りだくさんでした。
知らなかった事を知るって、いくつになってもワクワクしますね。

4月ぶらりウォーキング 内容説明(PDF形式、103KB)

4月の森のフシギさがし 活度報告 2022年4月10日(日曜日)

ヒイラギの新葉を観察している写真 さぁ、春の森でフシギさがしの始まりです。
大人はルーペ、子どもは虫メガネを持って出発進行。
春に古い葉と新しい葉が交代するクスノキの葉には、驚きの秘密がたくさん。
モミジの木に花が咲くなんて知らなかったね。
また、森におちているドングリやお花の親の木はどれかなと探してみたり、気分は探偵です。
広場では、ダンゴムシやオオクロアリの集団を発見。
暖かくなった春の森では、生きものたちがせっせと働いています。
いつも見かけている物も、虫メガネで見ると発見がいっぱいでしたね。
来月は、どんなフシギに出会えるかな。


4月の森のフシギさがしの内容説明(PDF形式、106KB)

森をまるごと楽しもう 活動報告 2022年4月7日(木曜日)

樹木の観察をしている写真 このイベントは、森の恵みを感じながら、ゆっくり森歩きを楽しむイベントです。
私たちは森に守られ癒しをもらい、食物をいただき、木材を活用するなど、たくさんの恩恵を受けながら生活しています。
今日は、そんな森の恵みに思いをよせながら森林浴を楽しみ、聴こえてくる音に耳をすませます。
途中、ヒサカキの花やエナガの生態など、今の森で見られる旬の情報もまじえながら散策をしました。
最後に、詩の朗読を聴き、クロモジ茶をいただいてホッとひと息。
オカリナ演奏の音色にも癒されて、まさに春の森をまるごと楽しむ事が出来ました。
足元にスミレ、見上げれば桜、鳥は歌い、蝶が舞う、森は春爛漫です。

森をまるごと楽しもうの内容説明(PDF形式、151KB)

4月絵本を読んで親子であそぼ 活動報告 2022年4月3日(日)

4月絵本を読んで親子であそぼ 春になりましたね。
今月はどんなことをして遊ぼうかな。
まずは、なぞなぞとグーチョキパーの手遊びでスタート。
トンネルくぐりや馬飛びなどをして、楽しい笑い声が聞こえてきます。
屋外では、本物の葉っぱでパズルをしたり、自然のたからものを探しながらお散歩をしました。
毎回恒例の絵本の時間には、春の心地よい森の中で3冊の本を読みました。
最後に、オカリナ演奏に合わせて春の歌をみんなで歌いました。
来月は新緑の森でどんな遊びや絵本が登場するかな。
お楽しみに。

4月絵本を読んで親子であそぼの内容説明(PDF形式、89KB)

4月バードウォッチング入門 活動報告 2022年4月2日(土曜日)

双眼鏡で桜の木にとまった鳥を観察している写真 桜の咲く春の森で、今年度初のバードウォッチングが開催されました。
今回よりバードウォッチング入門にリニューアル。
初心者の方にバードウォッチングを楽しんでいただけるよう、双眼鏡と野鳥図鑑の使い方、またバードウォッチングのマナーについてもゆっくり丁寧に学びます。
満開の桜にはヒヨドリやスズメの姿も。
まだ少し肌寒い森には、冬鳥のシロハラもいました。
最後にヤマガラのお食事風景をゆっくりと観察する事が出来ましたよ。
春は鳥たちにとって、巣作りや子育てのシーズンです。
教わったバードウォッチングのマナーを守って、そっと見守りたいと思います。

4月バードウォッチングの内容説明(PDF形式、81KB)

2月絵本を読んで親子であそぼ 活動報告 2022年2月6日(日曜日)

森の中で絵本を読んでいる写真 冬の森に元気な家族が遊びに来てくれました。
さあ、今日は何をして遊ぼうかな。まずは、手遊びをしましょう。
司会のグランパくんちゃんの明るい声につられて、みんなも笑顔になっていきます。
つづく工作タイムでは、工作絵本を見た後に、紙を使ったカラフルなコマ作りをしました。
そして、外が暖かくなった頃に森へ出て、ケヤキの樹皮でパズルをしたり、松の葉っぱで綱引きをしたりと、森ならではの遊びを体験しました。
次に絵本を2冊読みましたよ。森の中で読む絵本は特別に想像力をかきたてます。
最後は恒例、オカリナの音色に合わせて、みんなで歌を歌ってお別れです。
また来月も会えるといいな。



2月絵本を読んで親子であそぼ 内容説明(PDF形式、86KB)

2月バードウォッチング 活動報告 2022年2月5日(土曜日)

バードウォッチングをしている写真 バードウォッチングに最適な季節がやって来ました。
今日は少し風の強い日となりましたが、どんな鳥に出会えるでしょうか。
初心者コースは、双眼鏡の使い方をしっかり練習してからスタートします。
桜山貯水池では、風の影響でいつもよりカモ達の数が少ないようですが、オシドリやカワアイサ、カンムリカイツブリなど、冬にしか出会えない水鳥を観察することが出来ました。
経験者コースでは、青く美しいルリビタキのオスに出会い、全員しっかり観察できて大満足。
他にも、シロハラやジョウビタキ、アオジなど計31種類を確認しました。
冬鳥は3月末頃まで観察できますので、来月のバードウォッチングにも期待が高まります。

2月バードウォッチング 内容説明(PDF形式、104KB)

1月の森のフシギさがし 活動報告 2022年1月9日(日曜日)

虫メガネで葉っぱの観察をしている写真 1月になり木々も葉を落として、すっかり冬の森になりました。
こんな寒い冬の森で、植物や動物はどのように過ごしているのでしょうか。
今回は、ゲームを通して敵から身を守る擬態の方法や保護色について学び体験しました。
また、2チームに分かれてドングリさがしの対戦もしました。
リスになりきってドングリをかくしたりさがしたり。
見つからなかったドングリは、春になると芽を出しているかもしれませんね。
最後に桜の冬芽の中を虫メガネで観察しました。
こんなに寒くても、冬芽の中で葉っぱやお花の赤ちゃんが育っていましたよ。
自然は強くて面白しろいですね。

1月の森のフシギさがし 内容説明(PDF形式、96KB)

1月バードウォッチング 2022年1月6日(木曜日)

バードウォッチングしている様子 新年初のバードウォッチング。
さて、お目当ての冬の猛禽類に出会えるでしょうか。
今回は初心者コースと経験者コースに分かれて活動しました。
初心者コースは、出発前にセンターのテラスでしっかりと双眼鏡の使い方を練習しました。
経験者コースでは、お目当ての猛禽ノスリが、桐の木にとまっている様子をゆっくり観察出来ました。
貯水池のカモや冬鳥達にも出会い、2班合計で23種類を確認しました。
バードウォッチングは、これからが本番。
来月はどんな鳥に出会えるかな。

1月バードウォッチング 内容説明(PDF形式、103KB)

メリークリスマス みんなであそぼっ 活動報告 2021年12月19日(日曜日)

子どもたちがサンタクロースからプレゼントをもらっている写真 いよいよクリスマスが近づいてきました。
あれ、あわてんぼうのサンタクロースが自然観察の森にやってきましたよ。
サンタさんからのプレゼントを使って、クリスマスカードやオーナメントを作りましょう。
クリスマスの準備ができたら、むしのかくれんぼのスライド絵本を見るよ。
実際にお外でかくれんぼしている物を探すゲームにも挑戦しました。
その後も絵本と木の実のマラカス作りを楽しみ、最後に手作りマラカスを振りながら、みんなでクリスマスソングを歌いました。
みんなの楽しい歌声と笑い声が、森の動物たちやあわてんぼうのサンタクロースにも聴こえていたでしょうね。

メリークリスマス みんなであそぼっ 内容説明(PDF形式、110KB)

12月ぶらりウォーキング 活動報告 2021年12月16日(木曜日)

種についての資料を見る参加者の写真 移りゆく季節を楽しみながら、ぶらりウォーキング。
出会った樹木や草木、野鳥や昆虫など、ガイドの解説を聞きながらゆっくりと森を歩きます。
マンリョウやタラヨウの葉の特徴や、様々な植物が考え出した種子散布の知恵など、聞けば聞くほど感心する事ばかり。
動けないからこそ考え抜かれた植物の生存戦略に脱帽です。
森ではどんな音が聴こえてくるのか、目を閉じて耳を澄ませば心穏やかな時間が流れていきます。
ゆったりとした散策を通して、時には自然環境についてちゃんと考えたいと思う、そんな時間でした。

12月ぶらりウォーキング 内容説明(PDF形式、126KB)

12月の森のフシギさがし 活動報告 2021年12月12日(日曜日)

集めた落ち葉を種類ごとに分けている様子の写真 元気な子供たちと一緒にフシギさがしへ出発。
センターを出てすぐの大きなクスノキ。
クスノキの葉には、ダニの部屋があると聞いてビックリ。
芝生広場では、ブルーシートを広げて寝転がり、冬越しをする植物をまねてロゼット体験をしました。
アカマツやイロハモミジの種が、回転しながら落ちていく様子も面白かったね。
最後にネイチャービンゴを楽しみ、遊びながら色々な自然を見つけることが出来ました。
もっと寒くなった来月の冬の森では、どんなフシギが見つかるかな。

月の森のフシギさがし 内容説明(PDF形式、103KB)

12月絵本を読んで親子であそぼ 活動報告 2021年12月5日(日曜日)

風船バレーをしている写真 今月は、手品となぞなぞでスタートしました。
お部屋から楽しい笑い声が聞こえてきます。
今月の遊びは、風船遊び。
風船バレーの後は、ドキドキしながら風船に貼ったテープを順番に剝がしていきます。
今月の絵本は、クリスマスの絵本でした。
オカリナ演奏に合わせてクリスマスソングも歌ったよ。
最後に森でたからものさがしをしました。
もうすっかり気分はクリスマス。

12月絵本を読んで親子であそぼ 内容説明(PDF形式、99KB)

12月バードウォッチング 活動報告 2021年12月4日(土曜日)

ダム湖の水鳥を観察している写真 紅葉もそろそろ終盤、木々の葉が落ちバードウォッチングしやすい季節になりました。
この時期に見たいのは、やはり冬鳥とカモなどの水鳥です。
最高のお天気に恵まれ、メジロ・エナガなど森の常連さんが出迎えてくれます。
この日のベストショットは、何と言っても冬鳥のルリビタキ。
湖岸沿いの笹薮の中で水浴びをする、美しく青いルリビタキのオスに出会いました。
その後も、モズのオスが現れ、ゆっくりと観察することが出来ました。
ダム湖には、ヨシガモやキンクロハジロ、ハジロカイツブリなど水鳥の姿も。
これから益々、バードウォッチングが楽しいシーズンです。
来月もお楽しみに。

12月バードウォッチング 内容説明(PDF形式、122KB)

クリスマスツリーをつくろう 活動報告 2021年11月27日(土曜日)

参加者がリースの材料を選んでいる写真 もうすぐ待ちに待ったクリスマス。
手作りのクリスマスリースでサンタクロースを迎えましょう。
まずは、森で松ぼっくりや木の実、きれいな葉っぱを探します。
スタッフお手製のナチュラルリースを使って飾り付け。
みんな世界に一つだけの素敵なリースが出来上がりました。
お部屋にはクリスマスの絵本がたくさん並び、最後はオカリナ演奏でクリスマスソングを聴きました。
おうちにリースを飾ったら、あとはクリスマスが来るのを待つばかり。

クリスマスリースをつくろう 内容説明(PDF形式、106KB)

自然の中であそび隊の活動報告 2021年11月23日(火曜日)

森の中で色探しをしている写真 いろんな色に紅葉している森で、色探し。どんな色が見つかるかな。
森の中で目を閉じると、どんな音が聞こえてくるかな。
鳥の声、葉っぱのこすれる音、風の音。
おうちや学校で聞こえてくる音と違うかな。
少し風の強かった今日の森で、風を利用して種を遠くに飛ばす植物のこと、種の飛び方についてのお話を聞きました。植物ってえらいですね。
拾った落ち葉でじゃんけん大会をしたり、いろんな葉っぱの特徴や違いを観察しました。
葉っぱのこすりだしも楽しかったね。

自然の中であそび隊(PDF形式、108KB)

11月ぶらりウォーキングの活動報告 2021年11月18日(木曜日)

みんなで深呼吸している写真 自然を楽しみながら心と体の健康づくりをしようと言うコンセプトのもと、今月も様々な角度から森の散策を楽しみました。
紅葉している木々の足元で、食虫植物のトウカイコモウセンゴケも赤く紅葉しています。
実りの秋を迎え、森では色々な果実が見られます。
その果実を食べにくる鳥たちや貯水池に飛来しているカモの姿も見れました。
環境のお話では、都市空間における「雨庭」についての紹介がありましたよ。
また、植物が発散する香りの成分には抗菌作用がある事から、お寿司屋さんでは木材や抗菌作用のある葉が使用されている事も紹介されました。
参加者同士も和気あいあいとした雰囲気で、楽しい時間を過ごしました。

11月ぶらりウォーキング 内容説明(PDF形式、120KB)

ページの先頭へ戻る